1: 名無しさん@蹴球 2019/06/26(水) 22:28:22.01
20190626-00863680-sportiva-000-1-view.jpg 

サッカーに関わる仕事に就いてすでに35年以上になる。取材でどこの国に行っても、どの大会に行っても、みんなが私を温かく、笑顔で受け入れてくれる。それは、私がブラジル人だからだ。サッカーの国からやって来たからだ。

ブラジル人記者が森保Jを高評価。「日本の皆さんにお詫びしたい」

「第一に応援するのはもちろん自分の国だが、その次に応援するのはブラジルだ。私の第二の心のチームだ」と言う人にも、これまで何度も出会ってきた。陽気で楽しいプレー、誰にもできないようなテクニック、そんなブラジルサッカーのおかげで、世界の多くの人がブラジルを愛してくれている。

 日本の皆さんは、日本もこのブラジルに近づきつつあることをおわかりだろうか?

 こうした人々の親しみという気持ちを、ブラジルはW杯をはじめとした国際大会で何年もかけ獲得してきた。しかし日本は、たったの1試合で勝ち取ってしまった。少なくともブラジルではそうだ。今回のコパ・アメリカで、日本はブラジル人が応援する第二のチームとなった。 

 証拠がある。エクアドル対日本のテレビの瞬間最高視聴率は34%。およそ3500万人のブラジル人がこの試合を見たと推定されている。また日本、エクアドル、パラグアイのうち、ブラジルがどのチームと対戦してほしいかというアンケートには、73%のブラジル人が日本と答えている。

↓全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00863680-sportiva-socc

2: 名無しさん@蹴球 2019/06/26(水) 22:28:39.32
「勝たなければ後のない日本は、命をかけたような試合をするのだと思っていた。少なくとも私はそう信じていた。しかし、その期待はあっさり裏切られてしまった。日本は世界にその力を知らしめる機会を失ってしまった。これは日本サッカーにとって大きな損失だ。なぜ前田(大然)をもう少し早く入れなかったのか。彼を温存する必要などない。この試合に勝たなければいけなかったのだから。日本はエクアドルよりずっといい試合をしていた。エクアドルよりスピードもあり、プレッシャーもかけていた」

 なぜ日本は前田と安部裕葵を終了ぎりぎりになるまで投入しなかったのか。私にも、どうしてもわからない。日本人的な理由があるのなら、ぜひ教えてほしい。特に前田は、入ってからの数分で2度もチャンスを作っている。彼にはヨーロッパのチームが注目していて、その中にはバルセロナの名前もあるというではないか。

 エクアドルのエルナン・ダリオ・ゴメス監督は、すでにコパ・アメリカを7度も経験しているベテランだが、試合後こう言っていた。